日本語 スペイン語 英語
ホーム | 会社概要 |  ごあいさつ | 亀甲金網型じゃかご | ひし形金網型じゃかご | ニュース | フィードバック | お問い合わせ
TEL:0086-311-86987533
FAX:0086-311-86986623
E-Mail:gabion@gabionmesh.com
現在のページ:ホーム - ニュース
ニュース
ふとんかごの歴史

ふとんかご」は、別名「じゃかご」ともいいます。
 鉄製の網で作られた籠(かご)の中に、やや大きめの20cm~数十cmぐらいの石を、内部で石が遊ばないぐらい密な状態で敷き詰め、その籠を、上下左右に積み上げた構造です。
 これは、日本や中国で古来より使われてきた土木構造で、古くは、円筒状の長い籠が用いられたことから、蛇のように見えるので「じゃかご(蛇籠)」の名前がつきました。角型の「じゃかご」は、特に「ふとんかご」と呼びます。
 「ふとんかご」という、なんとも野暮ったい名称が素敵です。
 日本では、土砂崩れ箇所の仮復旧工事などで、「ふとんかご」を目にする機会がよくありました。大規模な基礎工事を必要としませんから、重機を搬入できない場所でも施工できるという利点があります。
 また、近年は、コンクリート構造物よりもより自然に近いという点が見直され、仮設構造物のみならず、本設構造物としても活用されています。
 施工例を見ると、特にコンクリート構造物を立ち上げると、湧き水の流れを止めてしまうことで、かえって土砂流出の危険が高くなる箇所、あるいは、河川の護岸などで、動植物の育成を行う必要のある箇所などに採用されているようです。
 ところで、この伊丹スカイパークの「ふとんかご」は、丘の頂上に作られています。
 ここは、涌き水の心配もないですし。動植物の育成を意図しているとも考えにくいです。
 どうしてこんな所に「ふとんかご」が・・・と一瞬考えたのですが、これは恐らく「ふとんかご」が持つ吸音遮音機能に着目したのではないかと思います。
 籠の中で多数の石同士が噛み合っていますので、内部にまんべんなく空隙があります。
 このように空隙があると、吸音遮音機能が期待できると思います。籠の中に石を詰める作業は、一つ一つの石の形状に合わせて進めていかなければならないので、けっこう大変ではありますが・・・
 
ふとんかご」を、このような用途に大々的用いた事例は、今まで無かったのではないでしょうか。

 

 

 

 

高蕾(コウライ)

MSN/Email: kanaami@chain-link-mesh.com

TEL:0086-311-86987533
FAX:0086-311-86986623
                                                      2011-1-12

ホーム |  会社概要 |  亀甲金網 |  ひし形金網 |  じゃかご |  リンク |  お問い合わせ