Japón 俄语 España Ingles China
 
ホーム | 会社概要 |  ごあいさつ | 亀甲金網型じゃか | ひし形金網型じゃかご | ニュース | フィードバック | お問い合わせ
 
 
TEL:0086-311-86987533
FAX:0086-311-86986623
E-Mail:yakiami@gabionmesh.com
 
 
[XLMM] 現在のページ:ホーム - [XLMM]
角形じゃかごの据え付け方

    説明:
    1.亀甲金網ネットを地面に置いて展開して、余りの折跡は平らにします。
    2.前後の網、底網と内張り金網を立てて、かごの形にします。
    3.隣の網をコイルでつなぎます。
    4.じゃかごは内張り金網で若干の格を分けます。金網の強力を高めるために、全部の網の縁は直径のもっと大きい鉄線を使います。作ったかごは平の地面において、それぞれにつながります。据え付けた空きのじゃかごは適当的な位置に置いて、縁を沿って、それぞれの部分を繋がり、一体型になります。
    5.石材を詰めます。石材は、硬くて、ひし形がなくて、長持ち性があって、そうすれば、石料の寿命が延長できます。石料は100mmないし200mm,公差は5%左右、表面に暴露しないようになります。そのほか、石の大きさは250mmないし50mmです。高さは1mのじゃかごは300mmの高さの石料をいれて、高さは0.5mmのじゃかごは250mmの高さの石料をいれます。石料は箱に入れて、一般は毎段の厚さは30cm左右です。そして、適当にそろい、表面は平整に置いたほうがいいです。もし、箱のあつさは30cm以下なら、直接に石料を入れて。入れている時、機械と人工を組み合わせます。
    6.石料は合理的にじゃかごにいれて、大体平整してから、最も小さな空きを留まってから、蓋をします。蓋と縁は規定によって、しばります。そうすれば、ほかの箱と繋がることも便利になります。鉄線とPVC被覆層を損わないように注意すべきです。蓋に付けての糸は周囲で2輪を回り、縁はよく絞ります。蓋は縁や各部分や隣の箱とよく絞らければなりません。最後は、奇麗になるために、箱の縁に付けている鋭い部分をできるだけ、箱のうちに折ったほうがいいです。
ホーム |  会社概要 |  亀甲金網 |  ひし形金網 |  じゃかご |  リンク |  お問い合わせ